みーこ、ヨガを始める

 

こんにちは。みーこです。

いろいろやっても痩せない日々。とりあえずの気持ちで、ヨガを体験してきました。山の中の素敵なスタジオで、鳥の声を聞きながらのヨガ。

ヨガと聞いて「体が硬いから無理」と言ってみたところ、「いやいや、ヨガというとみんなそう言うけど、体を柔らかくするのがヨガじゃないからね。」と言われました。

そうなのか?! 確かに、すでに体が柔らかくて、いろんなポーズとれるなら、習う必要ないよね。そしてそもそも、ヨガの目的は体を柔らかくする必要がないと来たもんだ。びっくり仰天です。

では、何を目標にヨガをやるのか。そこんところをインストラクターの先生が話すのをよく聞いてみると、

「ヨガとは自分の体に向き合い、体の声を聞いてあげること」

「体を機能的に使えるようにしてあげること」

なるほど、わかるようなわからないような。とにかく、新品のヨガマットに寝転がり、先生に言われるまま「呼吸をする」。呼吸をするって、いつもしているけれども、マットに寝て、呼吸に意識を向けて、呼吸だけする。呼吸に意識を向けたことなんて、あっただろうか。いや、ない。ああ、こうやって私は息をしているんだね。

「お腹を膨らませる、複式呼吸をしてください」と言われたので、お腹をぷくーっと膨らませて呼吸する。お腹はいつも膨らんでいるけど、空気じゃなくて食べものなんだよねー、とか思いつつ、お腹で呼吸する。膨らませて、へこませて。膨らませて、へこませて。

「次は胸式の呼吸に切り替えます。胸の真ん中めがけて空気を入れて」これはいつもの呼吸だね。私の呼吸のペースってこんな感じなんだね。

「次は、難しいかもしれませんが、鎖骨式の呼吸に移ります。鎖骨のあたりに空気を入れるように意識してください。わかりにくい人は、鎖骨に手を当てて、鎖骨が左右に広がるように呼吸します」なんですと?? 鎖骨に空気を入れる?? 鎖骨? 鎖骨ってここ? 実際には入らないと思うけど、一生懸命、意識して鎖骨に空気を入れてみる。喉を膨らませるように? よくわからない。でもできたと思うことにする。

「最後は完全呼吸です。腹式呼吸をしてその空気を胸まで引き上げて、最後は鎖骨を広げて、一度、息を止めます。そしてゆっくりお腹から空気を吐いて行きます」もう、とりあえず、それっぽい感じでやってみることにする。お腹、胸、鎖骨に空気を入れて(入っているかわからない)、お腹から空気を吐いていく(吐けているかわからない)。「内臓をマッサージするように」とか言われたので、とにかく、そのイメージで。

というわけで、最初の「呼吸」だけで、10分近くかかったのではないかと思う。ポーズに入る前に呼吸でこんなに時間をかけるんだとびっくりしたのでした。

そして次は「キャット&カウ」というポーズをやるという。「猫と牛」ということですね。四つん這いになり、背中をぐーっと丸めたり、反ったり。丸めたり、反ったり。これは簡単だ。丸めたポーズが猫なのはわかるけど、反るポーズが牛なのかどうかは疑問である。そんなことはどうでもいい。

「背骨を一本ずつ動かすように」はい、そんなの無理ですけど、イメージ、イメージ。大事なのはイメージ。一本ずつ、動かすように、ね。さっきの呼吸じゃないけれど、背骨を意識したことがまずないし、ましてや「一本ずつ」イメージしたことがないのです。ごめんね、背骨。今日、初めてあなたたちを一本ずつ意識しました。

キャット&カウが終わった後、私はなんとなく、背骨と仲良くなれたような気がした。

そして次は「ダウンドック」という「下向きの犬のポーズ」をやるという。四つん這いになり、お尻を後ろに引いて、というか上に持ち上げて、脇の下を伸ばす。膝を曲げてもいいから、とにかく脇の下を伸ばす。気持ちがいい。伸びている。わきの下、伸びたかったんだね。伸ばされたかったんだね。気持ちがいいと言っている。わきの下が喜んでいる。ああ、こうやって体の気持ちを聞くのがヨガなんだ、と思った。

この後、「コブラのポーズ」などをやり、最後は「死体のポーズ」で締めくくり。全身の力を抜いて、無になります。これは得意だ。周りの人も「これが一番好き」とか言っている。いやいや、それってどうなの(笑)。

そんなこんなで終わった60分のヨガ体験。ひねってねじって、すごいポーズをやるのかなと思いきや、ストレッチに近いような、そんな感じでした。いろいろな流派があるそうだし、激しいヨガもあるとのことでしたが、要するに、体を整えていくものなんだなというのが、今日の私のヨガの理解。

きっと深い世界なんだとは思いますが、まずは「いいね!」と思ったので、続けてみようと思います。ダイエットが目的というよりは、健康のために! 元気なおばあちゃんになるぞ!

みーこでした!

カテゴリー: みーこ タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です